弁護士紹介/LAWYERS

弁護士 赤西 芳文
-Yoshifumi Akanishi-

経歴

 

大阪府守口市で出生

1966年3月

大阪府立北野高等学校卒業

1970年3月 京都大学法学部卒業
1972年3月 京都大学大学院法務研究科修士課程終了
1972年4月 最高裁判所司法修習生
1974年4月 神戸地方裁判所判事補
全国の裁判所で判事補、判事を歴任後
1993年4月 大阪法務局訟務部長
2007年1月

神戸家庭裁判所長

2008年10月 大阪高等裁判所判事部総括
2013年3月 退官
2013年4月 関西学院大学大学院司法研究科非常勤講師
大阪簡裁・地裁調停委員
2013年6月 小山・森永・苧田法律事務所入所(大阪弁護士会登録)
2013年9月

大阪府公益認定等委員会委員(平成27年9月から委員長)

2014年4月

近畿大学法科大学院教授


メッセージ

これまで裁判官としてのキャリアが長く,その中で様々な分野(主として民事関係)で経験を積んできました。今後,弁護士として,依頼者の利益を守り,また,的確な助言をさせていただくためにこれまでの経験を活かしていきたいと思います。


得意分野

裁判官としては,一般民事事件のほか,労働,倒産,知財,家事抗告などの専門部・集中部において執務に携わってきました。
なお,弁護士としては,システム開発訴訟事件を担当し,また,東南アジア諸国の法制度の調査・研究にも関わってきました。

主な論文、講演・研究発表等

  • 「臨時雇等・退職金」裁判実務体系5(青林書院)「退職金債権と一般の先取特権」現代民事裁判の課題③(新日本法規)
  • 「破産法・和議法」注解不動産法3(青林書院)
  • 「登記申請の却下に対する抗告訴訟」民事弁護と裁判実務(ぎょうせい)
  • 「まかせる」との遺言文言の解釈について」近畿大学法科大学院論集2016 年3月号
  • 「判例にみる離婚原因の判断」編集 (新日本法規)
  • 「システム開発訴訟における2,3の問題点(完成論議を中心として)」
  •  平成27年9月26日 民法学研究会において発表 同志社大学
  • 「日本の調停・和解の概況」平成25年4月 タイ司法省からの研修員に対して講演 神戸大学
  • 「離婚に伴う諸問題(日本法の概略)」カンボジア研修員に対して講演
  •  平成26年6月法務総合研修所国際協力部において



パートナー


カウンセル